« それで | トップページ | 給心靈放個假 »

2015年7月 2日 (木)

活字(改訂版)

機の上に置いて新聞に載っている、私が書いた商業広告用の文章、紙いっぱい空洞、こねた文字を矯正する。私はソファに座って見つめているあの新聞もMFGM 乳脂球膜、今の自分だから。ふと自分がかつてその少年が今とてもやせている夢の酒肉脂肪を埋葬した。私の脳裏に浮かぶも何年前の新聞に、その黒い活字を連れて薄い香飄然として。

それは何年も前のこと。その年私は十三四、魯灣中学。その学校は質素で、にはレストラン、図書館がないのに、バスケットボール場もない。学生たちは勉強して、食事や睡眠以外は運動場でランニング、卓球。そのとき私は体のやせて、内気内気な少年。私の唯一の趣味は日記帳の上胡涂乱抹、書き殘詩雑文なんて。ただ自分に走って、打って卓球は体の運動で、ものを書くのは心の運動、両者は楽しいこと。その時私は夢想がひとつあって、大きくなった作家に、自分の書いた文字は新聞や本になるの活字知れ渡る大河の南北、それで私はいつも私の日記に繰り返し復写「魯迅」「巴金」「老舎」「レフ・トルストイ」「ヘミングウェイ」など私が知っている何人かの大作家の名前。今思えば、非常に笑って、笑った後に呆然自失する。

当時は教科書と中国語の辞書に加えて、私はほとんど副読本。偶然の国語の先生に一冊読む」「中学生の薄い学友達に見て、像はひとつの生肉が投げていた飢えた狼の群れの中で。私は根本的に強盗に入らない。その時私は作家の夢が強く、常に伏機に頭を抱えてどのように作家になる。その時私は作家になる感じたいならば、多く本を読ん識字、このようにようやく恐れなど書いてくれて。そこで、私はの国語の教科書の中の毎文章がすらすら暗唱、暗記は各段の文字が、これらの内容はまだ足りないと感じて。私に睨まれてテーブルの上のこの厚い辞書、全部で千7百数ページをめくった。私の決定に習熟辞書、簡単なセットを開発する計画。毎日暗記15ページ、1年にしては中国語の辞書を暗記する三度MFGM 乳脂球膜。食事の時に私は饅頭をかじっている辞書片手に宿題ノートに書いて絵を描いて、夜の自習が終わってから教室消燈して、私は辞書を持って行くうちに寮まで、ぼんやり光門燈を見てびっしり漢字、週末に私は中国語の辞書を持って帰って、空は数目を引く。一年続けて、それでは中国語の辞書が破損があっ。多くの奇妙で美しい漢字と言葉が私の頭に入れて、自分は作家の夢に一歩近づく。

もし私たちは夢を持って、きだけでなく、さらに声にして。学友達は私に聞いてどうしてこんなに一生懸命に本文を暗記と辞書の時、私はいつも大声で彼らに対して言います:“私が大人になって一人の作家。」一部の学生が聞いた後にげらげらと思って、私は身の程知らず、ある学友がとら;聞いた後には目を見張るように信じない1つの性格の内気な人は夢のためになるこんな過激言いふらす乳鐵蛋白;ある同級生が聞いた後に知っていながら私は白昼夢は私に一言善意の励まし。

« それで | トップページ | 給心靈放個假 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 活字(改訂版):

« それで | トップページ | 給心靈放個假 »